勃起しない(勃起不全・ED)原因と対策を紹介

勃起しない(勃起不全・ED)原因と対策を紹介

薬局

勃起をしなくなる原因は、EDになってしまったからの場合があります。
勃起不全が起こるとペニスを使えなくなるだけでなく、ムラムラと性欲を感じることも少なくなるのが特徴です。
刺激を与えても反応がないため、性行為の際にも不便を感じられることがあります。

根本的な原因はいくつか考えられますが、そのひとつに挙げられるのが加齢。
年を取ると体の機能が衰えてきてしまいますので、勃起をしにくい状態に陥ってしまいます。
また、性に対する意欲も減少していきますから、肉体的な衰えとの相乗作用もあって益々、機能が低下していくのです。

しかしながらEDは加齢だけが原因ではありません。
他にも精神的な問題で症状が起こることもあります。
その場合は年齢は関係なく、若くして症状に見舞われてしまうことがあるのです。

現に若者の中にも症状に苦しむケースが増えていますが、その原因となっているのがストレスです。
何らかの理由で強いストレスを感じることで、機能に影響を及ぼしてしまい、肉体的にはまだ若くとも不能な状態に陥ってしまいます。
若い時は深刻な問題にも感じられやすいため、病院を受診して治療を受けるケースも増えているほどです。
万一、サインが見える場合は早めに相談することも大切です。

なぜ勃起しないのか?

ED(勃起不全)になる具体的な原因に、まず血流の悪化が挙げられます。
そもそも勃起をするためには、陰茎海綿体と呼ばれる器官に十分な血液が巡る必要があります。

血液が巡ることで本来の機能を発揮するのですが、しかし何らかの理由で血液が上手く循環しないと、十分な硬さを得ることができません。
血行不良には生活習慣病も関わってくると言われ、喫煙やアルコール、栄養バランスの悪い食事などには注意が必要です。

器質性勃起障害が原因の場合もあります。
これは血管や神経などに問題を抱えている場合に発症するタイプです。
特に高血圧や糖尿病などを患っている人の場合は発症しやすいとされています。
また、ペニス周辺に手術を行ったことで、陰茎海綿体が損傷を負って症状が起こることもあります。

なお、器質性勃起障害は生活習慣病との関わりも強いです。
普段の生活が影響して引き起こされる症状でもあるため、回避のためには健康的な毎日を送ることが大切と言えます。

次に挙げられるのが心因性のED(勃起不全)です。
これはストレスが原因のタイプですが、大きく現実心因と深層心因に分けることができます。
現実心因は日常の生活の中で受けるストレスのことで、一方の深層心因は心の奥底で抱えるストレスを指します。

前者の場合は原因を特定しやすいため、改善に向けてアプローチをしやすいですが、後者は原因の特定ができないこともあります。
自らでも理由が見当たらず、原因が分からないままになることも考えられます。

混合性勃起障害もタイプのひとつです。
これは器質性と心因性が合わさって起こる症状のことです。
例えば糖尿病を患うことで、それが精神的にダメージとなり症状が生まれることがあります。
複合的な原因が絡み合う症状のため、特定が難しくなる場合があるのが特徴です。
体と心の双方からのケアが必要となるために、改善に時間が掛かることもあるのです。
一方だけへのアプローチですとスムーズに回復させることができません。

勃起しないペニスを改善する方法

勃起を促すための方法ですが、まず挙げられるのがED治療薬(勃起薬)の利用です。
これはれっきとした治療薬であり、医学的にも効果が認められているのが大きな特徴です。
強力な作用でスムーズな改善が見込め、即症状の好転を実感できる可能性があります。

ただし、飲めば硬くなるものでもありませんので注意が必要です。
性的な興奮もあってこそ効果を発揮する薬であって、飲むだけでは効き目を感じることはできません。

もうひとつ注意点として、効果は一時的なものにしか過ぎないことです。
一般的に使われているED治療薬(勃起薬)は、服用をしている時のみ効果を発揮するものであって、服用を止めると元に戻ってしまうのです。
つまり根本から治すための物ではありません。
従って必要に応じて服用することが必要で、適宜用意して性行為に臨むことになります。

精力剤による対策もひとつの方法です。
こちらはED治療薬(勃起薬)とは違い、いわゆる健康補助食品やサプリメントなどを指します。

薬ではないために、確固たる効果があると認められているものではありません。
しかし有用とされる成分が含まれていますので、サポートの一択として検討してみるのも良いでしょう。

上手く活用するにはポイントがあり、大事なのは継続して飲み続けることです。
基本的に即効性を求めるものではなく、続けていくことで体質が改善されるものですので、少しずつ体の調子を整えていく主旨で利用しなければいけません。
長く時間を要することもあるため、根気強く取り組むのが成功の可否の分かれ目になると言えます。

あくまでも対策の一環にしか過ぎないことも理解しておくことも必要です。
医薬品と違い、単独で使用をしても劇的な効果を望むことはできません。
その他にも、血行を良くするための努力や生活習慣を改善するための工夫を講じることも必要です。
トータルで改善を目指してこそ効果を得やすくなると考えておかなければいけません。

精力剤を使うことでペニスはもちろん身体的にも改善

気軽にED対策をしたい時には精力剤の使用がおすすめと言えるでしょう。
医薬品は効果が優れている代わりに、副作用が出てしまうこともあるため、使用に伴う精神的な負担も感じやすいです。

一方の精力剤はそうした副作用がありません。
食品成分によって構成されているため安全に用いることが可能です。
時間は掛かるものの、続けていくことで体質の変化に期待することができます。

精力剤ならわざわざ病院に相談へ行く必要もありません。
例えばネット通販でも簡単に買うことができ、人に知られること心配もないのです。
こっそりと対策が行えるため、デリケートな悩みでもあるEDと向き合っていくことができます。

EDの改善傾向が見られるようになれば、ペニスにとって良いことはもちろんのこと、パートナーとの関係が良くなるメリットも得られるはずです。
勃起機能の不良というのは男性にとっての問題になるだけでなく、女性側にとっても悩みになることがあります。

時には性行為が上手くできないことでお互いの関係が悪くなることもあるでしょう。
そして性行為の失敗や関係の悪化によってストレスが加わると、益々、性行為が上手くできなくなります。

その上、パートナーとの関係の悪化にも拍車が掛かり、余計に状況が悪くなるという悪循環に陥ってしまう恐れもあるのです。

ペニスの問題が解消されれば全てを丸く収めることができるはずです。
性行為がスムーズ且つ満足のいくものならば、パートナーの満足度も上がり仲良くなれることも考えられます。
たかがペニスの問題と考えられることもありますが、カップルの関係性にまで影響する大事な問題ですので、しっかりと対策をして改善を目指すのがおすすめと言えるでしょう。

なお、ED対策はパートナーからの理解を得ておくと行いやすいです。
二人の問題として向き合うことで早期の改善に期待でき、一人で悩むよりも上手く問題を解消できるはずです。
従って、時には思い切って打ち明けてみるのも良いかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする