陰茎増大でちんこを大きくする!ペニス増大の方法!

陰茎増大でちんこを大きくする!ペニス増大の方法!

ペニスの大きさは生まれつきだと諦めている方も少なくありませんが、実はサイズアップの方法は色々あります。
チントレことチンコを大きくするためのトレーニング方法に励み、陰茎増大を目指しましょう。

ただしチントレは正しい方法を実践することがとても大切です。

ペニスを闇雲に刺激するような間違ったやり方で鍛えてしまうと、排尿痛を引き起こすほどダメージを受ける可能性もあります。

もちろん不衛生な手でトレーニングを行うのもNGで、炎症を起こす恐れがあるので気をつけましょう。

陰茎増大のために焦るあまりリスクが高いやり方を鵜呑みにしてしまう男性も少なくないようですが、安全に目的を遂げるためにも地道な努力が欠かせません。
大事なチンコを傷つけるようなやり方は論外です。

反対に地味なトレーニングを続ければ医療機関で手術を受けなくても陰茎増大を叶えることができるので、お金をかけずにペニスを大きくしたい方には朗報です。
手術はお金もかかる上にリスクも高いのであまりおすすめできません。

いくら親しい間柄でも相談しにくいことなので、インターネットの情報が頼りになります。
怪しいサイトに騙されず、確実に効果があるやり方をマスターして日々のトレーニングに役立てて下さい。

陰茎増大はこれがいい!

引っ張る

一番簡単なペニスのサイズアップ方法は引っ張るアプローチです。
平常時ではなく、勃起している状態を狙い、根気よくペニスを引き伸ばしていきましょう。

勃起状態のペニスを引っ張って伸ばすことで、海綿体をサイズアップすることができます。
海綿体は男性器を勃起させたり、勃起時間を長引かせるための大事なパーツです。
ただ引っ張るだけの単純なチントレですが、毎日続けることで長時間勃起できるようになったり陰茎増大効果を期待することができます。

男性器のサイズは個人差がありますが、埋没していると平均よりも短くなってしまいます。
埋没による短小ペニスにもこのチントレ方法は有効で、埋まっている部分を引っ張り出して表に出すことで全体のサイズが大きくなる効果もあります。

たった1回実行しただけではすぐに効果は出ません。
結果を焦って1日何回も引っ張ると男性器に負担がかかるので、飽きずに続けるためにも毎日1回のチントレを習慣にしましょう。

人間は1つの習慣を21日間続けることで本格的に習慣化できると言われています。
努力を視覚化するためにもトレーニング後はシールを貼って継続日数を記録するのもおすすめです。

男性器を引っ張るアプローチの最大のメリットはお金がかからないことです。
素手で行うだけなので、亀頭増大のための外科的手術のように大金を支払う必要もありません。

最近は脂肪やヒアルロン酸を亀頭部分に注入する治療法も人気がありますが、定期的に注入しなければならないので通う手間もありますし費用もかさんでしまいます。

勃起させてから行う必要があるのでEDなどで勃起が難しい方、反対に勃起しても直後に射精してしまう早漏の方にはあまり向かない方法ですが、ちょっとした刺激で勃起することができて勃起状態をしばらく維持できる方には是非トライして欲しいお手入れ方法です。
陰茎増大のアプローチ方法はいくつかあるので、自分に合う方法かどうかまずは一度試してみて下さい。

陰茎増大はこれがいい!

圧迫トレーニング(ミルキング)

簡単にできる陰茎増大の方法は他にもあります。
ふたつめの方法はペニスに圧力を加える圧迫トレーニングの方法です。
この方法も引っ張り出すやり方と同じように男性器を勃起させた状態で行います。

最初に軽くオナニーをして男性器を立たせたら、利き手の親指と人差し指で丸の形にして下さい。

亀頭のところに引っ掛けるようにして男性器を持ちましょう。
これが基本のフォームです。

基本フォームを維持したまま、利き手とは反対側の手で男性器の根元部分をしっかり握って下さい。

圧力を加えながら握りますが、渾身の力を込めて握ってしまうと男性器にも強い負担がかかってしまうので、強烈な痛みを感じない程度の力を入れるのがポイントです。

利き手とは反対側の手で根元を圧迫したまま、利き手で亀頭部分と根元をゆっくり往復しましょう。
10回から20回ほど行き来したら両手を離して休憩します。

ストレッチによるこの圧迫トレーニングで、亀頭のサイズアップはもちろん太さも太くすることができます。

あまりにも強い力を加えてしまうと男性器を傷つけてしまう可能性があるので気をつけなければいけませんが、方法さえ間違わなければとても効果があるアプローチ方法です。

またミルキングと呼ばれる圧迫トレーニングの方法もあります。
圧迫トレーニング(ミルキング)は、牛の乳搾りのイメージで行います。

牛の乳を絞る時のように男性器を牛の乳首と見立て、根元からゆっくり力を加えていきましょう。
基本的なやり方よりも負担が軽いため、初心者にも推奨できるチントレ法です。

ミルキングはペニスを半立ち状態にして行います。
人差し指と親指でペニスの根元部分を圧迫します。
次に中指、薬指、小指の順番に圧力を加えましょう。

亀頭に血液を集中させる時間は10秒から20秒ほどで構いません。
この一連の動きを10回から20回繰り返して下さい。
このトレーニングでは急がず時間をかけてスローペースで行うのが成功の秘訣です。

陰茎増大はこれがいい!

PC筋

陰茎自体を強化する方法以外に、PC筋を鍛えるチントレ方法もあります。
男性器が硬く勃起する時、立ち上げを手伝う筋肉のことをPC筋と呼びます。
PC筋は男性器に流れる血液の量をコントロールする役目もあるので、とても重要な筋肉です。

普段どこにあるのか意識することはありませんが、排尿時意識しておしっこを止める時に使用する筋肉こそPC筋です。
この筋肉を鍛えることで男性器の勃起時間を延ばし、サイズアップ効果も期待することができます。

特に早漏気味の男性はこの筋肉を強化することで射精時間を遅らせることができます。
射精感を感じながら、意図的に射精する時間を引き伸ばすことができるので早漏の悩みを解消するのに最適な方法です。

やり方も難しくないので安心して下さい。
身体の力を抜いてリラックスしましょう。
脱力した状態でお尻の穴を内側に締めて下さい。
ぎゅっと締めたまま5秒ほどキープし、それから時間をかけて徐々に力を抜いていきましょう。

このチントレ方法を10回続けましょう。
できれば1日3回、朝昼晩と寝る前のタイミングで行うと短いスパンで効果的に鍛えることができます。

本当に効果がある方法で尿漏れにお悩みの方にもぴったりです。
高齢になるとどうしても尿漏れトラブルが起きやすくなるので、若い年齢からこのチントレ方法をマスターしておくと老後も排尿に関して困ることがなくなるかも知れません。

また精力剤と併用する方法も有効です。
精力剤は精力増強目的のものが有名ですが、最近はペニス増大のために必要な栄養を配合した精力剤も色々発売されているので、そういったサプリメントやドリンクもうまく活用することで相乗効果を期待することができます。

具体的にはマカ、亜鉛、トンカットアリ、マムシ、すっぽんエキスなどがペニス増大に効き目がある成分です。
天然由来成分も多いので、安全な成分で男性器をケアしたい方にも安心です。
シトルリンとアルギニンを一緒に摂取するタイプのサプリも強力な効果を期待することができます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする